なっとぅblog

大学生です。暇なので始めました。雑記、旅、都市伝説、映画の感想など、あらゆるジャンルを書こうと思いますと言いたいところですが、今の世界情勢の関係で陰謀論中心に更新します。

ケネディ大統領の暗殺

ケネディ大統領の逸話と暗殺の真相!奇妙過ぎるリンカーンとの一致も ...

みなさん、ジョン・F・ケネディを知っていますか?1961年〜1963年に第35代のアメリカ大統領です。この人を知っている人は大統領だったからという単純な理由で知っているわけではないと思います。この人は暗殺をされており、その暗殺も人目がつくところで暗殺されたので、アメリカ一闇が深い大統領であろう。最近、なぜかケネディ大統領の暗殺に関するドキュメンタリーなどの放送が多いです。なので今回はケネディ大統領がなぜ暗殺されたのかを考えようと思います!

 

1.黒人に優しかった

ケネディは黒人にとても優しかった。キング牧師さんとも協同して差別を訴えていたりしていました。ケネディは白人にもかかわらず差別反対派でした。その他にも貧困や疾病、戦争になどすべての人類が自由に生きれるように考えていました。いわゆる「世界平和」というやつですね。こういった行動すると都合の悪い団体がいたのでしょう。それで殺されたのではないかと考えています。世界平和を訴える有名人はよく消されます。マイケルジャクソンやジョンレノンがいい例ですね。

 

2.宇宙人の存在

ケネディは宇宙人の存在を暴露しようとしました。噂では代々アメリカの大統領に当選されたら宇宙人に会うという噂があります。この噂が本当ならオバマさんもトランプ大統領も宇宙人に会った(?)ということになりますね!もしかしたらケネディも会ったのかもしれません。上記で書いた通り、すべての人類が自由に生きれるようにしようと考えていましたが、もしかしたら、そのためには我々に隠しているすべてを暴露する必要があったのかもしれませんね!そして、その存在を暴露されると都合の悪い団体がいたのでしょう。それで殺されたと考えています。

 

3.通貨発行権

ケネディは通貨の発行権を取り戻そうとしていました。それは国民の暮らしを良くするためです。国民の生活が良くなっていなかったのは国民が税金を支払い、それが政府に渡り、その税金はFRBから借りていたお金の利子として渡していました。ケネディはそんな構造を許しませんでした。そのためにケネディ独自の政府紙幣を発行することにしました。それで一時は通貨発行権は取り戻すことができましたが、その半年後にダラス市内のパレードで、、、。おそらくこれもある団体でしょう。

 

 

ここまで読んで疑問に残ることがありませんか?なんで犯人はすべて「ある団体」というのだろうか。ケネディを暗殺した人物はすでに逮捕されました。しかし真犯人は別にいます。それは団体です。その団体はイルミナティです。知っている人もいるのではないでしょうか?ここまで書いた3つの説、どれもイルミナティが共通しています。彼らは世界平和を望みません。宇宙人の存在を隠したがります。そして通貨発行権FRBと書きましたが、その上の人物が所有しています。それがFRB株主のロスチャイルドと「ロックフェラーです。彼らは世界一と言われてもいいほどの金持ちです。そしてそんな金持ちがなぜこんなことをするのか、それが「世界統一」です。世界を完全に統一してすべての人間を彼らの奴隷と化するためです。そして、ケネディは国民の生活の安定と世界の平和を望み、彼らに逆らった数少ない大統領です。大統領だけではありません、マイケルジャクソンやジョンレノンなどの世界平和を望む有名人は彼らによって殺されました。

 

 

信じるか信じないかはみなさん次第です