なっとぅblog

大学生です。暇なので始めました。雑記、旅、都市伝説、映画の感想など、あらゆるジャンルを書こうと思いますと言いたいところですが、今の世界情勢の関係で陰謀論中心に更新します。

第二外国語のそれぞれのメリットとデメリットを考えてみた

愛, 愛しています, バレンタイン, 中心部, ロマンス, 情熱, 愛する

どうも!大学生の方や大学生だった方は第二外国語を勉強しましたか?ちなみに僕はフランス語を勉強しました。今回は第二外国語としてよく科目となっている外国語のそれぞれのメリットとデメリットについて考えてみようと思います!

 

1.韓国語

メリットとしては

  • 文法が日本語に似ていて取得しやすい
  • K-POPが聞きやすくなる
  • 韓国ドラマも理解しやすくなる

デメリットとしては

  • あまり需要がない
  • 見慣れないハングル文字を覚えることから始まる

 

2.中国語

メリットは

  • 世界的に需要がある
  • 漢字が分かれば文字はてこずらない
  • 覚えればバイトなどの接客でも実践できる

デメリットは

  • 発音が細かすぎる
  • 聞きなれない発音の仕方が多い
  • 「ニーハオ」や「シェーシェー」などの有名な単語の発音が意外と違う
  • 北京語や広東語などの方言の差が激しい

 

3.スペイン語

メリットは

  • アメリカ大陸中心に話されている人が多い
  • 発音がヨーロッパの言語の中では簡単
  • 意外と英語よりも習得しやすい
  • 文法を覚えれば他のヨーロッパの言語も覚えやすくなる(主にフランス語、イタリア語、ポルトガル語など)

デメリットは

  • 男性名詞と女性名詞を覚えないといけない
  • 文化的に陽気じゃないと習得しにくい場合もある
  • できなくても大丈夫だが巻き舌を使う

 

4.フランス語

メリットは

  • 覚えればフランスだけではなくアフリカでも活用できる
  • 洒落た感じが味わえる
  • できるようになると英語が簡単に思えるかも
  • 日常でフランス語がどれだけ使われているかがわかる

デメリットは

  • 発音がとにかく難しい(特にRの発音が難しい)
  • 男性名詞と女性名詞の区別がわかりにくい
  • 過去形の区別も難しい
  • アフリカと一部のヨーロッパのみしか需要ない

 

5.ドイツ語

メリットは

  • ゲルマン言語であることから英語に近い
  • ドイツで医学を学びに行きたい場合は必須
  • 今後の仕事や将来でヨーロッパに関わるならオススメ
  • ヨーロッパ全体で話されている国が多い

デメリットは

  • 男性名詞と女性名詞だけでなく中性名詞もある
  • 需要あるところはヨーロッパのみ
  • フランス語と同じくRの発音が難しい

 

以上です!あくまでも僕の考えなのでこれから学ぶ人がいましたら参考程度に見ていただけるとありがたいです!では、ここまで読んでいただきありがとうございます!