なっとぅblog

大学生です。暇なので始めました。雑記、旅、都市伝説、映画の感想など、あらゆるジャンルを書こうと思いますと言いたいところですが、今の世界情勢の関係で陰謀論中心に更新します。

9月入学について思うこと

https://images.unsplash.com/photo-1502325966718-85a90488dc29?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=400&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjE1ODB9

ニュースで今年度・来年度の9月入学導入は見送りになりましたね。これはこれでよかったのではないかと思っています。僕にとっては9月入学は反対派でしたので。

 

そもそもこのコロナ騒動を使って9月入学案を出してきましたが、なぜこの時期に?それに9月入学にしたところでメリットはあるの?と思いましたね。グローバル化に伴って留学生が入学しやすいようにとか言ってたらしいですが、日本は留学先としての需要は高いのでしょうか?特に欧米なんかは日本の留学は少数派ではないでしょうか?そうしたら日本留学に一番需要の高い国と言ったらお隣の国、中国と韓国などの東アジアと東南アジアぐらいしか思いつきません。中国人留学生が多いのはよく聞きます。それに中国は9月入学ですし。そうなると、この9月入学というのはわざわざ中国に合わせた案なのではないかと考えてしまいます。政府の中に中国が好きな人たちもいますし、国賓として習○平を呼ぼうとしていますしね。チ○ット人とウ○グル人を弾圧するような中共の人たちとそんなに仲良くなりたいのかって思います(もちろん中国人にいい人はいることは承知です)。

 

もしくは日本を完全に欧米化にしようとしているかですね。日本という文化を無くさせて直接的でなくても間接的に欧米のような国にさせる。なんかこう考えると日本ってどちらにしろ他国に支配される運命なのかなって思っちゃうな。

 

日経新聞G20の中で4月入学は日本とインドだけというような記事もありました。それは語弊があり、他にも3月の入学に韓国とアルゼンチンがあり、1月にはオーストラリアや南アフリカなどといった感じですべての国が9月入学にしているわけではありません。どの国にも事情や文化などがあるから入学する時期が違うのだからわざわざ合わせる必要ないと思います。

 

それに日本は卒業式と入学式といったら3月と4月の春で桜の木に囲まれているといったイメージが代々継いでいてこのような文化はどこの世界に探してもないと思います。そもそも小中高大でわざわざ入学と卒業にこういった式を挙げるのは日本だけです。これもメリハリをつけるために行われているのです。このような文化素敵だと思いませんか?春の桜に囲まれている時に終わりの式と始まりの式が行われるなんて、和の文化って感じがしてとても素敵だと思います。それが9月入学によって無くなってしまったらとても残念です。政府は日本の文化をそんなに壊したいのかって思ってしまいますね。

 

これが最後です。皆さんはセンター試験が終わって新しい試験制度になる予定だったことを覚えていますか?あれは結局失敗して延期しちゃいましたよね。センター試験の改革でさえ失敗に終わった日本が9月入学導入なんてやったら絶対に失敗すると思います。新一年生と卒業する予定の6年生や中学高校3年生、大学4年生はどうするつもりですかって話になりますし。やろうとしたら結局どうしようもできなかったから延期、もしくはやっぱり中止なんてこともあり得ます。

 

僕の意見をまとめますと

  • 日本政府はそんなに中国政府と仲良くなりたいのかな
  • 日本を完全に欧米化にしたいのかな
  • ほとんどの世界が9月入学じゃないんだから合わせる必要ないだろ
  • 桜が舞う春に入学と卒業があるからこそ日本の文化だろ
  • センター試験の改革でさえ失敗したのに9月入学なんか絶対失敗するだろ

 

以上です。ほとんど批判となってしまいました。僕の独断や偏見、勘違いなどもあるかもしれないので他にも意見がありましたらツイッターのリプやこの記事のコメント欄に書いて欲しいです。ではここまで読んでいただきありがとうございます!