なっとぅblog

大学生です。暇なので始めました。雑記、旅、都市伝説、映画の感想など、あらゆるジャンルを書こうと思いますと言いたいところですが、今の世界情勢の関係で陰謀論中心に更新します。

陰謀論とは【都市伝説】

https://images.unsplash.com/photo-1599344941971-0a1bce4f082a?ixlib=rb-1.2.1&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&auto=format&fit=crop&w=1050&q=80

どうも!なっとぅです!今回は、都市伝説でよく言われる言葉「陰謀論」。この言葉はいつから広まったのか、そもそも陰謀論とは何かについて触れていきたいと思います!

 

 

まず陰謀論とは、「ある出来事や現象が、利害関係者による陰謀の結果として発生する説。特に、秘密にされているが影響力を持つ機関が、(典型的には政治的な動機と抑圧的な意図で)ある説明のつかない出来事に関与している信念」という意味です(オックスフォード英語辞典より引用)。

 

陰謀論として言われていることは、5Gの電波と健康被害の関係や小児性愛を持つ有名人やセレブ達による児童の誘拐や性的虐待、アドレノクロムの製造、悪魔崇拝などが挙げられます。もちろん、探せばまだまだいっぱいあります。

 

世間ではこの陰謀論は否定されがちであるが、この「陰謀論」という言葉を作ったのはCIAが作った言葉なのではないかと言われています。その始まりは、アメリカの大統領だったケネディ大統領の暗殺事件の時です。

 

 

過去にも記事にして書いたが、ケネディ大統領が暗殺されたのはFRBというロスチャイルドの民間銀行から通貨の発行権を取り戻そうとしたから殺されたという陰謀論が流れ、他にも宇宙人の存在を公表しようとしたから、人種差別が激しかった時代で黒人達の肩を持とうとしたからなど、様々な憶測が飛び混じっています。

nsdttru.hatenablog.com

 

 この暗殺事件はウォーレン委員会が調査し、様々な検証を行って報告書を作りました。また、その報告書に対しての批判についても書いており、そのなかに、先ほど挙げたCIAについても触れられており、CIAは暗殺に関与していて、暗殺実行犯のリー・ハーヴェイ・オズワルドを計画の駒として利用したのではないかという意見を述べていたりしています。そこでCIAは「陰謀論」という言葉を使ってこう述べました。

 

「各種陰謀論は、たとえばリー・ハーヴェイ・オズワルドが我々の手先だったなどという虚偽の主張を唱え、度々我々組織に対して疑念を投じてきた。」と記されています。

 

しかし、オズワルドはCIAにLSDを投与され、暗殺できるように仕立て上げられたと言われています。CIAは事前にマインドコントロールについて研究しており、そこでLSDに焦点を当て、朝鮮戦争でもアメリカ兵にLSDで洗脳していたのです。またこの研究が、過去に記事にしたMKウルトラ計画に発展したのです。

nsdttru.hatenablog.com

 

FRBから通貨の発行権を取り戻そうとしたケネディ大統領、LSDを投与して暗殺するように仕立て上げられたリー・ハーヴェイ・オズワルド、これらの情報が民衆に知り渡るのを恐れたCIAは陰謀論という言葉を使い、それをメジャー化させ、陰謀論は荒唐無稽な暴論だと刷り込ませ、虚実をマスコミやメディア大衆に刷り込ませようとしたのです。

 

また、ウォーレン委員会に所属していたメンバーが謎の死を遂げられているため、CIAがより真実を隠そうとしているからという説が挙げられています。

 

そして、陰謀論というのは真実と嘘を上手に混ざっていることがほとんどで、僕を始めとする多くの都市伝説や陰謀論を話されている人たちは、嘘ももちろんありますが、真実もあります。だからこそ、僕らの情報を全て鵜呑みにするのではなく、自分で調べて、自分で真実を見つけて欲しい。だから、僕はいつも都市伝説の終わりには必ずこの言葉を使っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

信じるか信じないかはあなた次第です