なっとぅblog

大学生です。暇なので始めました。雑記、旅、都市伝説、映画の感想など、あらゆるジャンルを書こうと思いますと言いたいところですが、今の世界情勢の関係で陰謀論中心に更新します。

混乱の先に待っていること【陰謀論】

https://cdn.pixabay.com/photo/2017/07/10/09/47/chess-2489553_960_720.jpg

どうも!なっとぅです!今回は、大統領選によって支持者同士の争いや混乱が起きていますが、これは裏の支配者にとっては計画通りになっています。ということで今回は、混乱の先にどうなるかについて語りたいと思います!

 

現在の大統領選は買電が当選確実と報道されているが、まだ終わっていない状況で、これからトランプ大統領が訴訟を起こしていくという流れになっており、両陣営の支持者は争いと混乱が起きており、乱闘騒ぎとなっています。しかし、買電が勝利し、トランプ大統領が訴訟を起こし、両陣営の支持者が暴れるのは裏の支配者たちにとっては計画通りに進めていることが発覚しました。裏の支配者にとって、支持者同士の争いが起こることを望んでいました。

 

 裏の支配者たちはなぜ、そのような争いを望むかというと、それは新世界秩序(New World Order)が決行しやすくなるからです。全ての世界が統一されて、世界政府という世界全体のトップに立つ人たちが作られ、その裏に裏の支配者たちによって動かされ、我々がその裏の支配者たちに支配された世界が新世界秩序です。疑問に感じることは全てを統一するという考えが、某隣国の思考に似ているから、繋がっているのではと疑っていますが、一般的には某隣国と裏の支配者たちは対立しているようなので、真相はわからないです。

 

なぜ決行しやすくなるのかというと、今の世界は国同士、及び人間同士の争いが多く、現在のアメリカ大統領選の両陣営の支持者同士の争いがまさに人間同士の争いに当てはまるのです。このような争いや混乱が起きると人は誰でも嫌な気持ちになるはずですし、怖くなるはずです。そうなると、安心やスッキリとした気分など、落ち着けるようなことを求めるはずです。そうなったときに新世界秩序が行われ、全ての世界が統一されれば、全ての国が同じ、平等といった世界になり、争いは起きなくなり、そうなることで人々は安心する。つまり、人間の懐に入るようなことを大規模に始めて、支配しやすくするのが裏の支配者たちのやり方です。我々はメディアに騙されて生きてきたのが、歴史を辿ればわかります。そして今回の大統領選では、僕たち若者にとって、唯一信頼できると思われていたSNSにも情報操作や細工が行われました。

 

そして、問題なのがこのまま売電が当選確実となるかどうかです。売電が当選確定となれば、新世界秩序が進みやすくなります。なぜなら、彼は「団結すること」をモットーにしていると公言しているからです。彼はいうまでもなくディープステートです。

 

しかし、トランプ大統領も売電ほどではないが、ディープステート疑惑があります。なぜなら、彼にはバックについている人物がいるからです。4年前の大統領選では、フェイスブックのCEOのマークザッカーバーグがバックについていました。今年はピーター・ティールとジャレッド・クシュナーがバックについていましたが、元々この二人は民主党支持者です。そして、これら3人に共通していることは、ビルダーバーグ会議に参加していることです。ビルダーバーグ会議については以前に記事したので是非見てみてください。

nsdttru.hatenablog.com

 

また、毎年大統領候補の人や現大統領の人たちが呼ばれるのですが、この大統領選間近の年のビルダーバーグ会議ではトランプ大統領は全て呼ばれていません。このことから、トランプ大統領は裏の支配者たちにとって都合の悪い存在である一方、利用しやすい存在なのではと考察しています。Qアノンたちはみんな、裏の支配者たちと立ち向かっているから指示していますが、あながち間違いではないと思うし、バックについている人たちに従って動いているということから、ディープステート疑惑が出てもおかしくはないです。

 

 

今回の大統領選でもう一つ疑問に残っていることがあります。それは「テカムセの呪い」がどうなるのかです。20年ごとにアメリカの大統領選で当選された大統領が呪いがかかることをご存知でしょうか?詳しくは下の記事をご覧ください。

nsdttru.hatenablog.com

 

今年はテカムセの呪いが起こる年になっています。20年前はブッシュ大統領が手榴弾の不発に遭いました。今年はどうなるのか。どちらが当選されてもヘイト感情が高まると思うので、暗殺に逢うか、未遂で終わるかですね。売電が当選された場合は、かなり年取っているので、それをしに結びつけて、副大統領候補のカマラが大統領になるという計画になるかもしれません。トランプ大統領が当選された場合は、売電支持者の誰かが暗殺を計画するかもしれません。それがケネディのように裏の支配者によって操られるか、BLMのような過激派が行うか、考えれば様々な憶測ができ、どちらが当選されてもどちらかの陣営の支持者に怒りを買うオチになるはずです。

 

果たして、この先どうなるのか・・・

 

 

信じるか信じないかはあなた次第です