なっとぅblog

大学生です。暇なので始めました。雑記、旅、都市伝説、映画の感想など、あらゆるジャンルを書こうと思いますと言いたいところですが、今の世界情勢の関係で陰謀論中心に更新します。

どことは言わないが、地元の闇【都市伝説】

https://images.unsplash.com/photo-1500206329404-5057e0aefa48?ixlib=rb-1.2.1&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&auto=format&fit=crop&w=1055&q=80

どうも!なっとぅです!今回は実体験と地元の友達から聞いた話に基づいた都市伝説です。というわけで僕の地元の闇について触れていきたいと思います。

 

 

始まりは小学校で、詳しい場所は言えないけど、僕の地元の公立の小学校はカースト制が存在していました。その元凶は一人の男子です。その子は勉強もできて、運動もできて、身長も高くて、イケメンで、なんでも揃っている出木杉くん的存在でした。そして、その子はサッカーをやっていた。同じチームで同じ小学校の子は尊敬の眼差しであり、女子にも人気でした。そのような子たちがその男子をおだてるようになって、それがどんどんエスカレートし、いつの間にかカースト制度ができており、バカで内気だった僕は一番下、もしくは対象外としていじめの対象になり、僕はいじめを受ける日々を送る羽目になりました。そして、何よりも胸糞悪いのは、みんな成績抜群なことでした。みんな勉強はできるけどあいつ(僕)は全然できないからいじめようぜというノリでしょうか・・・。ちなみにのちの受験期では学年の半分以上が受験し、ほとんどがいい学校に合格しました。

 

このカースト制の基準は厳しく、一番上でも輪を乱す奴がいれば容赦なくいじめの対象にしていました。友達もカーストが上だったが、よくないことを指摘しただけで省いたりいじめの対象にされていました。また、だんだん学年が上がるとそのカーストで対立が起こるようになり、卒業までずっと対立は終わりませんでした。

 

 

そして中学校へと上がり、小学校と比べたらマシな環境だったと最初は思っていました。しかし、小学生の時にあったちょっとでもおかしい、普通じゃないようなことが起こるとバカにするかのようにいじる風習が中学校でもありました。もしかしたら、僕が知らない間にカースト制が存在していたかもしれませんね。また、中学生とは思えないほどの人様に迷惑がかかるような問題もみんな裏で行なっていました。あまりにも酷すぎるため、具体的なことは言わないが、今思えば中学生でさえやらないだろと思うような内容でした。

 

 

そして高校生となり、僕は地元が大っ嫌いだったので地元から思いっきり離れた高校へ通うようになりました。その頃の同級生たちは全員が全員ってわけではないが、相変わらずな人たちが多く、犯罪にも走り出した連中もいました。その原因が中退でした。一人が高校を中退し始め、その出来事を知ってから同じ中学の同級生の何人かが後に続くように中退し始めました。そして、中には犯罪に走る人もいて、もはや悪行が助長し始めました。ちなみに、受験した人たちはそのような悪行の情報は一切なく、むしろ改心していったようです。

 

 

大学生になってからそのような情報は一切ないが、もしかしたらまだ行われているかもしれません。僕の地元は裏では悪に走っている街かもしれません・・・。

 

 

信じるか信じないかはあなた次第です